スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク

アルカリイオン水の水素

アルカリイオン水は、薬事法で使用を認められた水です。その認められた使用目的は慢性下痢・胃酸過多・制酸・消化不良・胃腸内異常醗酵などの胃腸症状の改善です。ですが、その効果がなぜ得られるのかは示されていませんでした。



ヒトの体はPH7.4の弱アルカリ性であり、体重の50%〜60%が水分といわれています。それだけ大量の水分に対して、PH9〜9.5程度のアルカリ度のアルカリイオン水を一日あたり、500mlから1リットル程度飲んだところで、体内のアルカリ度に大きな変化を期待することは出来ないといえます。



したがって、アルカリイオン水の効果をそのアルカリ性に求めるのは無理があるといえます。そんななか、日本医科大学の太田成男教授が水素ガスをラットに使用した研究で水素の効能を明らかにしました。つまり、水素が活性酸素のヒドロキシラジカルに対して高い抗酸化作用を持つということです。



アルカリイオン水も水素を溶かし込んでいます。アルカリイオン整水器協議会によると協議会の会員の機器を使用した場合、一般的な水道水を電解してできるアルカリイオン水に含まれる水素の濃度は100〜400μg/L (pH9.5の時)程度ではないかとしています。



東邦大学薬学部等の研究では、水素ガスを水に飽和状態(0.6 mM)まで溶かした高濃度水素溶解精製水と名づけた水素水を使用して研究が行われ、ラットの脳内での活性酸素に対して抗酸化作用を発揮したとの報告がなされています。



以上のことから、アルカリイオン水に含まれる水素は、もっとも強力な活性酸素のヒドロキシラジカルに対して抗酸化作用を有効に作用すると考えられ、それによって、アルカリイオン水が効能を発揮していると考えることが出来ます。
アルカリイオン水 最新一覧 By 楽天





















































sponsored links
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM